運行管理者試験対策に手放せない1冊。

好評発売中

問題と解説 5つの特徴

特徴1

テキストを読み⇒問題を解き⇒解説で“さらに”よく理解できる

テキスト⇒問題⇒解説の順なので、問題をすらすら解けるだけでなく、もし、解いている途中でわからなくなっても、近くにテキスト(根拠法令など)があるため、すぐにわからない箇所をチェックできます。

特徴2

重要な根拠法令等のキーワードは“太文字”でわかりやすく

よく出題されるキーワードを太文字にしました。太文字を覚えるだけで問題を理解し、どのワードが正解か?間違っているか?を判断するポイントにもなります。また、勉強をするときに太文字をマーカーすることで、より効率よく勉強できます。

特徴3

第1章は過去出題問題を“○×式”でよりわかりやすく

なぜ第1章だけは○×式を追加したのか。第1章は、運行管理者試験で一番多く出題されます。第1章で確実に点数を稼ぐため、また、より理解してもらうため、このような方法にしています。

特徴4

過去出題問題はどの時期に出題されたか“ひと目”でわかる

過去出題問題の後ろには[R2.8]が付いています。これは令和2年8月実施過去出題問題を表します。例えば、[H31.3/H29.8]は平成31年3月と平成29年8月実施過去出題問題が同じ問題であることを表します。どの問題がどの時期に出題されたか、また、出題頻度をすぐに把握することができます。

特徴5

過去出題問題の“ドコが間違っている”かすぐにわかる

間違っている問題の解説は、太文字+下線でドコがどのように間違っているか、また、間違いの理由などをなるべく詳しくわかりやすく書いています。正解の設問の解説には根拠法令が入れ、さらに、項目をまたいで出題された問題の解説には、そのテキストが書いてある参照ページを入れています。

好評発売中

TOP